忍者ブログ

すずめの観測日誌

天然でも電波でもないナニかの日常と思考回路

ひととせ

九月八日、アラサー最終年を迎えた あまめちかっぽ こと ちゅん こと 大和です。
(サイトの方のプロフィールなおさねーとな)
良いことも悪いこともあった一歳(ひととせ)だったけど、総じて良かったともう。
ほんと、色々な人達と出会った一歳。

始まりはやはり祭りでしょう。
ちょくちょく帰っているとはいえ、地元の人達とはほとんど接点をもっていない私です。
一生に一度しかないハレ舞台。
みんな協力してくれて嬉しかった。
地元にも仲間がいるんだなと思った。
一緒に屋台に乗った3人のうち2人は初対面。
いや、顔は見たことがあるんだと想うが、記憶にはない。
そんな人達と今では義兄弟。
祭りを目前にテンション上がりまくりで、勢い余ったこともありました。
祭りは祭りで劇的。
本祭当日は雨、それも酷い雨。
雨だからと引き上げる山車もあった。
クライマックスの直前、雨が上がる。
雨除けのカバーを取ったときの盛り上がりは凄かった。
まぁ、色々と泣きましたよ、ホント。

祭りと平行してあったのが、実家を巻き込んだ会社との一件。
頭に来てるし、見限った。
そんな一件。
これだけが原因ではないんだけどね。
前に母親に言われた「我慢しすぎて、限界を超えた後は拒否反応しか起きない」を実感した一件でもある。
某所で「やる気をなくした1年」と言ったが、そこで言った「やる気」は取り戻していない。
但し、おかげで今があると思う。
これが無かったら、コミュニティに顔を出すことも無かったかもしれない。

デブサミの参加。
これも大きな転機だと思う。
社内で参加者を募り私を含め3名行くことで話が進んだある日。
ある社員が書いた参加セッションに「ゲーム」という単語があっただけで、役員会から「遊びに行くなら認めん」的な有り難いお言葉を頂く。
こんな役員の方々に対して「汝ら浅薄也!」とブチキレメールを返したのも良い思い出。
何だかんだで結局行けたのは私だけ。
ここでは良き出会いがあった。
これが無ければ、未だに腐っていたと思う。

コミュニティへの参加。
あくまで一般参加者としてだけどね。
主に、DevLOVEとかすくすくスクラムとかに顔を出してます。
知り合いも増えました。
みんなそれぞれに思うところがあり、進むことを選んだ人達。
目指すところ、進み方は違っても、「進むこと」は共有できる人達。

リーダー塾3期生です。
説明会の感想で「面白い」と評したことが、理解されなかったぽいです。
「教えはしない自分たちで考えろ」
大変だと思うし、つらいとも思う。
現にそう思ってる。
まぢ、痛いのよw
でも、礼を払いと思える人達と意見を交わし合う場。
これを面白いと言わずして何と言う。

祖父の他界。
色々とあったけど、祖父は祖父なわけです。
最期に祭りで梶取の姿を見せられたのは良かった、間に合って良かった。
今までありがとう。
凄い、頑張るよ。

世界の見え方が変わった一歳でした。
踏み出すことを覚えた一歳でした。
でも、終わっていない、次の一歳が始まっただけ。
さぁ、征こうか。

拍手[0回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 

TRACKBACK

TrackbackURL

  

プロフィール

HN:
あまめちかっぽ(大和)
性別:
男性
職業:
IT業界ぽい
自己紹介:
BIとか管理会計とか連結決算とかのシステム関連をやってる(た)、CSMで底辺IT技術者でリーダー塾3期生で甲種危険物取扱者で塗装屋の(略)で祭人で妖精帝國臣民で…あとなんだっけ?
天然でも電波でもないナニか,大自然の驚異とのハーフ,晒し者とか言われてた。最近はメイド。

リンク

カレンダー

12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

フリーエリア

ブログ内検索

最新コメント

[09/11 あまめちかっぽ]
[09/10 rose]
[08/24 あまめちかっぽ]
[08/23 inuika]
[07/28 あまめちかっぽ]

最新トラックバック

バーコード

忍者アナライズ

Copyright ©  -- すずめの観測日誌 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi 
powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]